体験教室を宣伝するのに必要な金額は?

ハンドメイドの講師をしていたり、自分でお教室は持っていないけれど、教えることは出来るという先生たちの悩みの種は、体験教室を開くにはどうしたらいいかということではないでしょうか。

普通に考えたら、ワークショップを開くのに宣伝しなければなりませんよね?

でも、その広告費が重かったりしませんか?

Craftie(クラフティ) なら、体験教室の登録は無料なんですよ。

2020年夏以降は、成約料がかかるようになりますが、今ならすべて無料です。

無料でホームページに載せてもらえるんですよ。

それに、お教室を持っていなくても、 Craftie(クラフティ) がワークショップ開催場所を提供してくれます。

ですから、クリエイターの方は、何の心配もせずワークショップを開催することができるんですね。

Craftie(クラフティ) は、DIYを含むハンドメイドに特化したワークショップ検索サイトですので、ハンドメイド好きさんのマストサイトだと思うんですよ。

次々と、新しい体験教室が登録されていくので、目が離せません。

そんな Craftie(クラフティ) ですから、講師の先生も力が入りますよね。

しかも、振り込み手数料のみの負担で済むのですから、体験教室を開きたくなったら、即、会員登録して教室を開くをクリック。

必要事項を入力して、金額を決めたり、開催場所を決めたりすればいいだけです。

Craftie(クラフティ) に登録できるワークショップは、 手芸、工芸、絵画、木工、陶芸、手織り、アクセサリー、フラワー、電子工作、DIY、フードクラフトなどのアート・ものづくりに関連するレッスン、ワークショップ などです。

ハンドメイドといっても、日常的な料理やパン作り教室などの登録はできません。

また、詳しい開催場所を予約者のみに連絡することも出来ます。

如何に魅力的な体験教室に見せるか、 Craftie(クラフティ) のスタッフからのアドバイスももらえますよ。

体験教室の宣伝は Craftie(クラフティ) が、公式SNSや、 Craftie Styletというメディアで紹介してくれるのも嬉しいですね。

初めて、ワークショップを開催するという先生でも、安心な Craftie(クラフティ) 。

是非、利用してみてください。

教える人も習う人も、ハンドメイドが大好きという点で共通しているので、体験教室も和気藹々とした雰囲気で進められること間違いなしです。

ここからハンドメイド教室を登録 してみてくださいね。

ハンドメイド体験教室探すならワークショップ検索サイトがお勧め!

ハンドメイド好きさんは、なんでも手作りしたくなりますよね。

アロマとかレジンとか、自分の手で作ることができたら素敵です。

でも、レッスンに通うとなると、道具も揃えなくちゃいけないし、何より、面白くなかったらと思うと躊躇してしまうと思うんです。

そんな時、便利なのが体験教室。

カルチャーセンターで新しい講座が始まる時、格安で開催されることもあるようですが、その情報を掴むのが難しかったりします。

なので、ハンドメイドに特化した検索サイトである Craftie(クラフティ) は、とても便利。

サイトで、検索すれば、希望のハンドメイド教室のワークショップが、いつ、どこで開催されるかが分かります。

地域からも選べるので、自分が行かれる範囲でのワークショップを探すことも出来ます。

ハンドメイドって、それ程、難しいものではないんですよね。

確かに、手間に感じることもあるけれど、ハンドメイド好きさんにとっては、ストレス解消にもなるし、何より、自分のオリジナルが作れるのは楽しい。

キットを使って作るのも悪くないけれど、世界にたった1つしかないオリジナルデザインのものを作りだすことができるのは、本当に楽しいんですよ。

ものづくり体験教室に特化した検索サイトである Craftie(クラフティ) なら、ハンドメイド以外のワークショップが並ぶこともないので、体験教室探しのストレスがありません。

どの、体験教室も楽しそうで、目移りしてしまいますよね。

流行りのハーバリウムとか、今の季節ならバレンタインとか、やってみたいがたくさん。

これを見ているだけでも飽きないです。

体験教室なので、ほとんどのものは数時間で終わります。

子供連れOKというワークショップも数多く登録されています。

中には託児所付きのワークショップもあったりしますが、お子さんは各自、自分で面倒をみながらというケースが多いです。

もちろん、子連れNGのワークショップもありますが・・・

分からないことがあれば、教室に問い合わせることも出来るので、安心ですよね。(要会員登録)

毎日のように、新しい体験教室が追加されていくので、 Craftie(クラフティ) を小まめにチェックするのも楽しいかと思います。

今日も多肉植物のリース作りが新たに登録されていましたよ。

もちろん、持ち物は作品を持ち帰るための袋だけ。

Craftie(クラフティ) は、他のワークショップ検索サイトと違って、料金や持ち物などが詳しく掲載されているんです。

材料費がいくらかかるか分からないとか、そういった心配が少ないんですよね。

講習料の他に、別途費用がかかる場合は、その旨、記載されていますし、材料費に不安があるならお教室に問い合わせるから、お問い合わせをすればいいんです。

それで、不安は解消されますし、体験教室を心待ちにすることができますよ。

初心者だからとか、経験者だからワークショップはダメっていうことはありません。

例えば、キャンドルを作った経験があって、キャンドル作りの体験教室に参加したとしても、独学では分からなかったコツなどを教えてもらうことができます。

体験教室のタグを見ると、その体験教室が、初心者さん向けなのか、どんなレベルなのかもわかります。

闇雲にワークショップを探すよりも、ハンドメイド体験に特化した検索サイトである Craftie(クラフティ) を利用することが、気になる体験教室を手早く見つけることができますよ。

ハンドメイドに特化しているワークショップ検索サイトなら Craftie(クラフティ) で、決まりでしょ。

あなたも、これはやってみたいと思うワークショップが、きっと見つかります。

ハンドメイド教室の検索サイト は、ここからどうぞ。

限定コラボのあるワークショップ検索サイトは?

ハンドメイドを体験できる検索サイトである Craftie (クラフティ)では、定期的に限定コラボワークショップを開催しています。

コラボするのは、 フライングタイガー、蔦屋書店、PARCO などで、これは Craftie (クラフティ) でしか体験できないことなんですよ。

他にも法人様向けワークショップなども開催しています。

法人もワークショップを開催することで、新たな顧客獲得ができるだけでなく、ハンドメイドの楽しさを周知させるのに一役買っているといっていいですよね。

法人主催によるワークショップや限定コラボのワークショップは特に人気があり、すぐに募集人数に達してしまうようです。

ハンドメイドは本当に楽しくて、始めると時間を忘れてしまうんですよね。

ちょっとのつもりが、数時間もハンドメイドにのめり込んでいることなんて、ザラにあります。

向き不向きはあるかと思いますが、気になってるならチャレンジするのがいいと思います。

いきなり、お教室に通うのは抵抗がある場合には、ワークショップに参加してみるのが賢いやり方だと思うんですよね。

ワークショップの殆どは、単発で気軽に参加できるものばかりですし、お教室に通うように、道具を揃える手間もありません。

ワークショップを検索できるサイトは Craftie (クラフティ) 以外にもありますが、地域限定だったりしますよね。

ネットを検索しても情報が古かったりすることもあります。

でも、 Craftie (クラフティ) なら、その時に参加できるワークショップが、カテゴリ別、地域別、日程から探すことができるので、自分の興味のある体験教室がすぐに見つかります。

ものづくりに特化したワークショップ検索サイトは、それ程、多くはありません。

私が Craftie (クラフティ) を知ったのも、本当に偶然でした。

ワークショップ検索サイトと一言で言っても、ハンドメイドの体験教室だけがあるとは限らないんですよね。

その点、 Craftie (クラフティ) なら、ハンドメイドに特化しているので、何の心配もなく検索することができます。

限定コラボがあるのも魅力的ですよね。

限定コラボの中には、予約なし参加OKというものもあり、急に参加したくなった場合でも、対応してもらえるのも嬉しいです。

手づくり体験教室を簡単に探すなら、 Craftie (クラフティ) が1番のお勧めです。

他のワークショップ検索サイトでは、ものづくりに特化したものがありません。プログラミングのワークショップやダンスのワークショップが検索結果に出てきても、面白くはないですよね。

ハンドメイドが好きでワークショップを検索するなら絶対に Craftie (クラフティ) がお勧めです。

講師胃の方も登録できて、ホームページに入れば、手作りのレシピまで公開されていたりするんですよ。

たとえ、ワークショップに参加しなくても、ハンドメイドのヒントはもらえます。

ハンドメイドが好きなら、ワクワク感で大満足です。

見ているうちに、作りたくなることもあると思うので、作りたくなってから会員登録するのもありだと思いますよ。

2020年1月末現在のお勧め限定コラボは、ルミネとのコラボ、バックチャームを作るというものです。

このワークショップなら、当日参加OKですから、焦らなくても大丈夫。

ほんと、ワークショップのことを考えるとワクワクが止まりません。

↓ここから体験教室探してみませんか?↓

ハンドメイドを気軽に楽しむなら

新たなハンドメイドに挑戦したいなら

ハンドメイドって楽しいですよね。

自分が得意としているハンドメイド以外にも、手作りしたくなることって多いじゃないですか。

でも、難しそうだったり、材料を集めるのが大変だったりして、なかなか始められないことも多いですよね。

ハンドメイドは指先を使うので、ボケ防止にもなるし、何より、自分だけのオリジナルを作ることだってできるんです。

ラインストーンをデコする時とか、自分でデザインを考えて、ラインストーンの色を考えて、何にデコするかも考えますよね。

キットも売っていますが、ある程度、上達したら自分の感性でデコしたくなって当然だと思うんですよ。

クロスステッチも、自分でデザインしたものを図案化するソフトもあるし、オリジナルを楽しんでいる人も多いんじゃないでしょうか。

私はDIYは得意ではないけれど、染物や織物には興味深々。

でも、機織り機を購入してまで、織物をするかって訊かれたら、答えは多分NOなんです。

だから、ちょこっとだけ機織りができるワークショップがあればいいなって思っているんですよ。

ワークショップ検索サイトで、カテゴリから織物で検索したら、飛行機で移動しなくちゃいけない距離にありました。

これは残念だけど、諦めるしかないですね。

ハンドメイド好子は関東在住なので、東京とか神奈川で開かれているワークショップを探します。

ワークショップ検索サイトでは、地域から探すことも出来るので、自分が行かれる範囲の体験教室を探すのも楽々。

ハンドメイドって、誰でもできるけれど、そのハンドメイドを好きになれるかどうかは分からないんですよね。

だから、ワークショップで経験するって大事なことだと思うんです。

だって、ほんの数時間で作品を仕上げるわけですから、これ、面白くないって感じた時に、その日限りで止めることができるし、逆に、これは楽しいって感じたら、材料を集めて自宅で作るなり、お教室に通うなりできるじゃないですか。

今ね、ちょこっとワークショップ検索サイトを覗いてきたんです。もう、体験したいと思うハンドメイドでいっぱい。

もちろん、やったことがないものなので、自分でできるかどうかも分からないし、好きになるかもわかりません。

でも、やりたいって思う気持ちって大事ですよね。

ハンドメイドが好きなら、手作りには敏感に反応してしまう。

それでいいと思うんですよ。

だって、ハンドメイドって本当に楽しいじゃないですか。

やりたいのに我慢する必要はないですよね。

最初は簡単なものしか作れなくても、次第に難しいものも楽々作ることができるようになる。

いつの間にか、基礎が身についているんですよね。

ワークショップでは、いきなり難しいことを要求されるわけではありません。

おまけに、教えてくれる先生がいて、材料を集める必要もないんですから、お得ですよね。

本当に、ハンドメイド大好きなんですよ。

特に平面になるものが好きなんです。

立体になると、なんとなくつまらなくなるんです。

だから、セーターとか編むと、全てのパーツを編み上げた後、閉じていくのが苦行だったりします。

投げ出したら、セーターにはならないので、その辺りはぐっと我慢して、毛糸針で閉じていきますが、閉じ方のコツが未だに分からなかったりするんですよね。

流石に、ワークショップで閉じ方だけを講習してくれるものはありませんけどね。

でも、かぎ針編みのワークショップなら生徒募集していますし、編み物に興味があるなら参加してもいいんじゃないでしょうか。

見ていると、全ての体験教室に申し込みをしたくなっちゃいますよね。

日程が被ってしまうことも多いので、その辺りは注意しないと。

何で、こんなにハンドメイドって楽しいんでしょう。

新たなハンドメイドに挑戦したくなったら、ワークショップ検索サイトで簡単に体験教室を見つけることができて、参加できて、こんなHappyなことってないですよね。

無料で体験教室を探すなら下記からどうぞ。

ハンドメイド教室を探すなら

ワークショップを開きたい先生も登録できる

ハンドメイドのお教室を開いている講師の先生なら、講師としてワークショップを登録することができます。

新しい生徒さん獲得のためにも、広く、ワークショップを開くことを宣伝できるのは嬉しいですよね。

ワークショップ検索サイトである Craftie (クラフティ)では、教室を登録してワークショップを開くことができます。

登録するにあたって、簡単な審査があるのは、ご了承ください。

お教室の登録は無料ですが、開催するワークショップに予約が入った場合は、予約成約手数料として、2020年夏以降、有料化される予定です。

ワークショップで作成するハンドメイド製品にもよりますが、1回のワークショップで、予約者が支払う金額は4~5000円までのものがほとんどです。

その中に、材料費が含まれている場合と、材料費は別途体験教室時に支払いという場合もありますので、都合に合わせて金額設定をすると良いかと思います。

ワークショップにかかる時間も2~3時間のものが多く、もし、体験教室の時間内に仕上がらなかった場合は、持ち帰って仕上げてもらうというところがほとんどです。

大抵の場合、ワークショップを訪れるのは初心者の方なので、それ程、難しいハンドメイドを用意することはないと思います。

また、時間のかかるものは途中まで、先生が仕上げて途中から生徒さんたちが取り組むなど、工夫されているようですよ。

初めてワークショップを検索サイトに掲載する時には、 Craftie のスタッフからアドバイスももらえます。

講師の先生もハンドメイドが好きから始まって、先生になり、カルチャーセンターや自宅で生徒さんにハンドメイドの技を伝授しているんですよね。

私もハンドメイド大好きなので、ハンドメイドで躓いている人をTwitterなどで見つけると、ついつい、リプを送ってしまったりするんですよ。

だって、ちょっとしたこととで乗り越えられるんですから、ハンドメイドを諦めてもらいたくはないんですもん。

ハンドメイドは、本当に楽しい。

その楽しさを伝えるのも、お教室を開いている先生のお仕事なんじゃないでしょうか。

それに、気に入ってもらえれば、自分の教室に通ってくれるかもしれないわけで、ワークショップを開かないのは勿体ないですよね。

和気藹々とした体験教室になれば、大成功です。

お教室を持っていない方でも、ハンドメイドを教える技術さえあれば、登録可能ですよ。

どんな、ハンドメイドなら登録できるか心配ですか?

検索サイトに入って、教室の登録をする(ログイン必須)から、自分が教えたいハンドメイドを登録するだけです。

ハンドメイドできるものづくりであれば、大抵の場合、ワークショップを開くことができますので、カテゴリーがサイトに掲載されていない場合では、問い合わせをしてみることをお勧めします。

ワークショップを開く場所も Craftie の提携先が使えたりもします。

ものづくりが好きで、誰かにその魅力を伝えたいなら、ワークショップを開いてみましょう。

ただし、パン作り、一般的な料理教室などはワークショップを開くことができません。

創作和菓子はワークショップを開くことができるんですけどね。

是非是非、ここからワークショップを登録してくださいね。

ワークショップを登録